ケガ・外傷

ケガ・外傷について

ケガや外傷については、骨折や脱臼、打撲、捻挫、挫傷などの方が多く来院されます。
接骨院でのケガの治療は、手術をせず、手技や機器によって回復を目指します。痛みの少ない施術で患者さまが一日でも早く普段通りの生活が送れるように努めます。

スポーツ外傷・スポーツ障害について

当院では、日本古来の柔道整復術に基づいた手技に加え、プロ野球選手やプロサッカー選手も愛用する最新の医療機器を用いて、皆さまのスポーツライフをサポートします。

スポーツ外傷

転倒などによるスポーツ時の突発的なケガをスポーツ外傷と言います。骨折や脱臼、捻挫、打撲、肉離れなどがあります。

スポーツ障害

運動を繰り返すことで起こる障害や外傷の総称です。別名「使い過ぎ症候群」とも言います。成長期の子どもによく起きます。内容は捻挫や疲労骨折、肉離れ、筋断裂など多岐にわたります。

テーピング

パフォーマンスを妨げないテーピングを行います

スポーツ外傷・障害の治療法の一つとしてテーピングが挙げられます。テーピングをすることで、患部を補強して動きを抑制し、ケガの予防や再発防止を図ります。

大切なのは、固定しつつも選手の運動パフォーマンスを妨げないことで、巻き方にも技術が必要です。当院院長は学生時にサッカーをしていた経験があり、テーピングの重要性が肌身を通してわかっています。

実際に、多くのスポーツ選手にテーピングを行っています。ご希望の方には、試合会場や練習現場でのサポートも行っています。効果的なテーピングをアドバイスいたしますので、気軽にご相談ください。

アクセス・診療時間 交通事故診療 自費治療
ケガ・外傷 料金案内 院ブログ 患者さまの声